English Version

モリコーヒーのブラジルコーヒー
▶ 送料について

配送料 600円

但し、北海道・九州
沖縄、追加配送料金有り

※税別の本体価格
4,500円以上
ご購入で送料無料

郵便ポストへお届け
400gまで送料215円
 


ホーム | シングルオリジン  (生産国&農園別) > ブラジルブラジル 『フォルキーリャ・ド・リオ農園』 シティロースト 100g
商品詳細

ブラジル 『フォルキーリャ・ド・リオ農園』 シティロースト 100g

販売価格: 620円 (税別)
状態:
数量:

ブラジルよりお届けするマイクロロットコーヒー!!
農園主の想いが伝わる最高の1杯をどうぞー!!

 

クリーンカップは勿論、綺麗な甘さが長く楽しめる
秀逸なコーヒーです。

ブラジル独特の土っぽさもなく柔らかく滑らかなコクと
心地よいカカオにも似た香り、オレンジのような微かな果実感をお楽しみいただけます。
暖かい時と冷めてきた時での味わいの変化がとてもわかりやすく
ユニークなコーヒーです。
ホットは勿論、アイスコーヒーでも是非!!

 

<生産者情報>
農園名:フォルキーリャ・ド・リオ農園 Sítio Forquilha do Rio
農園主:ジョジマール・ラモス・プロタージオ Jozimar Ramos Protázio
地域:ミナス・ジェライス州 エスペイラ・フェリス市 フォルキーリャ・ド・リオ集落 カパラオ地域
標高:1,200m~1,300m
面積:1.5ha(コーヒーノキ作付面積1.3ha)
品種:カトゥアイ
精製:パルプドナチュラル
その他:
この集落がまだ原生林であった頃にジョジマールの曽祖父は移住し開墾してきた。
当初畜産で生計を立ててきたが、祖父シッキーニョの代よりコーヒーの生産を始める。
しかし、当時はまともな交通手段や街道もなく、細い道を徒歩か牛車で移動しなくてはならなかったため、コーヒーの運搬は割に合わない重労働だったと語る。そのためコーヒーを栽培しつつ、玉ネギなどを育て生計を立てていた。また、
この地域でバイヤーが不足していた(いなかった)こともコーヒーも取引価格が上がらない要因でもあった。
ジョジマールの代になり、多くのバイヤーがカパラオ地域に注目し始めると取引価格も改善してくる。
同時に地域の生産者達は、市場や等級に関して多くの情報を得られる様になった。
ジョジマールは得た収入で設備投資を行っている。
5年前には乾燥場としてビニルハウスを建設。カパラオ地域は起伏も激しいため、
時折激しい雨がふることもしばしば。
ハウス内乾燥をすることで降雨による品質のダメージを避け品質向上に努めている。

※カパラオ地域について
ミナスジェライス州とエスピリット・サント州との州境にあるバンデイラ山南〜南西の地域(そのため農園の所在によって州が異なる)。
標高も高く起伏に富んだ地形であるため(そのため収穫は手摘みが主)、
且つ小規模生産者も多く、高品質な商品が生産される可能性を期待している。


※お買い上げ後は密閉容器に移すなどして、必ず冷凍庫で保存して下さい。

 


モリコーヒー