English Version

ブラジルコーヒーならモリコーヒー
▶ 送料について

配送料 600円

但し、北海道・九州
沖縄、追加配送料金有り

※税別の本体価格
4,500円以上
ご購入で送料無料

郵便ポストへお届け
400gまで送料215円
 


ホーム | シングルオリジン  (生産国&農園別) > ブラジルブラジル『サント・アントニオ農園』シティロースト 100g
商品詳細

ブラジル『サント・アントニオ農園』シティロースト 100g

販売価格: 600円 (税別)
状態:
数量:

ブラジルはミナスジェライスより登場!!
際立つ個性が他のブラジル産コーヒーとは一線を画します

口当たりは柔らかく滑らかでクリーンです。

ブラジルらしい香ばしさと、微かに表れる他のブラジルの豆では感じる事の
出来ない果実感と蜂蜜やキャラメルにも似た滑らかさ。
更にグリーンティの様なハーブにも似た爽やかな心地よさをお楽しみ頂けます。
シティローストですがホットは勿論、アイスコーヒーでも活躍します!!

<生産者情報>

農園名:サント・アントニオ第二農場 Fazenda Santo Antônio II
農園主:ルシア・エレナ・メイレリェス・ラットン Lúcia Helena Meirelles Ratton
地域:ミナスジェライス州カレアス市(Careaçu)マンチケーラ山脈西側に位置している。
標高:980-1200m
面積:46.5ha(コーヒーノキ作付面積40ha)
栽培品種:カツアイ
精製:パルプトナチュラル
※水洗・乾燥設備を兄弟で所有しており(所在:シルビアノポリス Silvianopolis)、そこで脱殻までを行う。

メイレリョス一家は、18世紀初めにポルトガルより南ミナスへ移住してきた先祖から数えて現在6代目。代々コーヒー栽培が引き継がれてきて、現在は6人兄弟のうち4人がコーヒー生産に従事、それぞれが農園を有している(母親のダーニャ・デ・アルメイダも別の農園を管理している)。ルシア・エレナは2014年よりAPAS生産者組合(※)に加入し、栽培や精製のサポートを受けており、また公的機関が運営する環境保全プログラムの認証も取得するなど、周辺自然環境との共存を果たしている。

※APAS生産者組合(Associacao dos Produtores do Alto da Serra)
2006年12月11日設立。60名約80農園が加入。農園総面積865 ha(内栽培面積567 ha)、平均標高1250m。
品質を上げる事で商品の付加価値を高め、より良い取引を実現し組合員らの生活向上を図るため設立された。
ウォッシュト設備の支援、地域に適した栽培品種の選定、区画ごとでのカップ傾向の把握・情報蓄積などのほか、農薬散布講習、森林保全講習、地域の防犯講習などの知識共有も行っている。




※お買い上げ後は密閉容器に移すなどして、必ず冷凍庫で保存して下さい。


モリコーヒー