English Version

mori coffeeのインドネシア,スマトラ島
▶ 送料について

配送料 600円

但し、北海道・九州
沖縄、追加配送料金有り

※税別の本体価格
4,500円以上
ご購入で送料無料

郵便ポストへお届け
400gまで送料300円
 


ホーム | シングルオリジン  (生産国&農園別) > インドネシアインドネシア ・スマトラ島『オナンガンジャン』 フルシティロースト100g
商品詳細

インドネシア ・スマトラ島『オナンガンジャン』 フルシティロースト100g

販売価格: 690円 (税別)
状態:
数量:

スマトラ島の奥深さを知るエキゾチックな香味


ミルキーで柔らかいコクとスパイス、ハーブティのニュアンス。
カカオ、トロピカルフルーツやドライマンゴーの様な心地よい甘さと濃縮感。
切れ味に柑橘、カシスのニュアンスも微かに現れとても複雑でユニークな香味です。

 

<生産者情報>
生産者:オナンガンジャンの農家
所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県オナンガンジャン
標高:1,400m
収穫:完熟チェリーを選択的に手収穫
品種:在来種オナンガンジャン
※農家が自分の木から収穫した種を用いて育苗しているため、
近隣農家からの花粉を媒介し他品種と交雑している可能性は否定できない。

※オナンガンジャンは由来にいくつかの説がありはっきりしていない。次の2つが有力。
説1.オナンガンジャン地区で発見されたクラシック・スマトラの1つ。
説2.ブルボンの突然変異品種。どこで発生してどのように持ち込まれたかは不明。

クラシック・スマトラとは:
1876年スマトラにおいてもサビ病が発生し壊滅的被害をもたらしたこと、
その余波としてロブスタやハイブリッド品種への植替えが進んだことで、
当時スマトラで栽培されていたティピカ品種は失われたと考えられていた。
しかし、後にスマトラ島の奥地であるトバ湖周辺において当時栽培されていた
ティピカ系品種の生き残りが再発見された。
現地では発見地によりバーゲンダル、シディカラン、ガロンガンと呼ばれている。

精製-乾燥:スマトラ式
1.農家にて
果肉除去⇒一晩(12時間)ドライファーメンテーション⇒水洗⇒1次乾燥(2日天日乾燥)
2.集買業者にて
一時乾燥済パーチメント買付⇒脱穀⇒2次乾燥(パティオにて5日天日乾燥)⇒水分値安定のため30日間保管
3.輸出業者にて
粗線別⇒スクリーン⇒比重⇒カラーソーター⇒手選別
※通常の選別工程に加え、虫食いに特化したハンドソーティングを別途実施。

 

※お買い上げ後は密閉容器に移すなどして、必ず冷凍庫で保存して下さい。


モリコーヒー