English Version

松阪でコーヒー豆販売するmori coffeeのグアテマラコーヒー
▶ 送料について

配送料 600円

但し、北海道・九州
沖縄、追加配送料金有り

※税別の本体価格
4,500円以上
ご購入で送料無料

郵便ポストへお届け
400gまで送料215円
 


ホーム | シングルオリジン  (生産国&農園別) > グアテマラグアテマラ『ラ・メルセー農園』シティロースト 100g
商品詳細

グアテマラ『ラ・メルセー農園』シティロースト 100g

販売価格: 640円 (税別)
状態:
数量:

クリーンで華やか、しっかりとしたコクは
最上級のグアテマラならではの香味。


キャラメルの様な滑らかなコク。
ナッツやミルクチョコ、
ブラウンシュガーにも似た
濃縮感ある甘さ。アフターテイストも永く冷めてからも心地よい印象です。
また、オレンジやライチ、シトラス系の果実感が
派手すぎず、心地よい程度の華やかさを演出した、
切れ味ある香味をおたのしみ頂けます。

 

<生産者情報>
農園名:ラ・メルセー農園
場所:チマルテナンゴ県サン・マルティン・ヒロテペケ市近郊
所有者:オルテガ家
管理者:ファン・ルイス・バリオス・オルテガ氏 Juan Luis Barrios Ortega
標高:農地1,945-1,980m ミル1,755m
精製:発酵槽を使用したウォッシュト
品種:ブルボン
収穫:ピッカーによる手摘み 

ウェットミル:レティロ・デ・キサヤミル

精製:ウォッシュト
1. フローター選別:タンクに沈んだチェリーはパルパーへ。浮いたチェリーの中でも大粒のもの(片側不完全果実)は選別し同じパルパーに送る。
2. 果肉除去
3. パーチメントの比重選別:沈んだパーチメントは発酵槽へ、浮いたパーチメント、剥けなかったチェリーは除去。
4. 発酵槽にて表面をシートでカバーし温度の低下を防ぎながら12時間程度発酵処理
※気温が低く発酵が進みにくいため以前は36hかかっていたが、リサイクルウォーターを使用し有機物を増やすことで発酵を促進させ時間を短縮した。
5. 水洗マシン投入前のタンクにて比重選別
6. 水洗マシンにて洗浄
7. パティオもしくはベッド乾燥
※一級品はできるだけグリーンハウス内のベッド乾燥にしているが容量不足の場合は一部パティオ乾燥。ベッドは4段だが最上段は日よけに使用するだけでパーチメントは置かない。下段から上段へパーチメントを移動していき4日×3段=12日で仕上げる。室内は45℃程度。

ドライミル:
1. 脱殻 2. 風力選別 3. スクリーン選別 4. 比重選別 5. 色差選別
※比重選別は2度がけ
※色差選別は異なる機械で2度がけ(選別精度が良好な場合は1回)


<歴史>
ラ・メルセーはチマルテナンゴ県サンマルティンヒロテペケに古くから存在する伝統ある農園。初代フランシスコ・アルブレス氏が1832年にラ・メルセーを取得してから代々アルブレス家に受け継がれてきた。
ただ、当初からコーヒーを栽培していたわけではなく、フランシスコ氏からメルセーを受け継いだ娘のマリア・アルブレスの代まではトウモロコシと黒豆を栽培していた。彼女とマニュエル・オルテガ氏の息子であるカルロス・オルテガ・アルブレス氏が16歳の時にメルセーを受け継ぎ、1912年に初めてメルセーにコーヒーノキ(ブルボン品種)を植えた。
1996年にカルロス氏と妻バルビナさんの子供である4世代目が農園の経営を受け継ぎ、現在は、彼らの子、孫が農園を運営している。



<労力軽減や安全確保など生産者へ配慮したウェットミル>
パルパー、発酵槽はしっかりした建物内にあり、作業員の安全性を確保するため、段差や機械周辺部には、手すりや柵などがきちんと設けられている。ウェットミルは傾斜にそって作られており、生産者の体力的消耗をなるべく少なくする構造になっている。特に水路はなだらかに傾斜しており、パーチメントの比重選別時にオールでパーチメントを移動させる際の労力軽減を図っている。また、パーチメントをパティオに搬送する際の労力を軽減するため、水路出口に一輪車を接続できるように設計されており、パーチメントを持ち上げずとも自動的に水路から一輪車にパーチメントが積み込まれる仕組みになっている。さらに一輪車にはパーチメントの排出口がとりつけられており、運搬しながらパーチメントをパティオに散布できる構造になっている。これらの取り組みが認められ、UTZ Certified も取得している。

<水の再利用と廃棄時の浄化処理>
この地域は雨が少ない為、水は貴重な資源。そのため、水の再利用を徹底している。
まず、パルピングから水洗までに使用した水は貯水槽に保管し含有物を一部取り除いておく。水路での比重選別に使用する水は新しい水を使用し、ここで使用した水を前述の貯水槽に保管した水と混ぜパルピングから水洗の工程に再利用する。この地域は夜の気温が低く発酵時間が長くかかりがちであったが、一度精製に使用した水を再利用することで発酵時間を短縮させる効果もある。
汚水処理施設も保有しており、水を廃棄する場合はこの施設を通して浄化した後に近隣の沢に水を放出している。

 

※お買い上げ後は密閉容器に移すなどして、必ず冷凍庫で保存して下さい。


モリコーヒー