松阪市コーヒー豆,モリコーヒーがお届けするコロンビア産コーヒー松阪市,松阪,三重
mori coffeeのコロンビアコーヒーティピカ種
▶ 送料について

配送料 600円

但し、北海道・九州
沖縄、追加配送料金有り

※税別の本体価格
4,800円以上
ご購入で送料無料

郵便ポストへお届け
400gまで送料300円
 


ホーム | シングルオリジン  (生産国&農園別) > コロンビアコロンビア サンタンデール 『エル・ローブレ農園』ウンパラ種 シティロースト 100g
商品詳細

コロンビア サンタンデール 『エル・ローブレ農園』ウンパラ種 シティロースト 100g

販売価格: 640円 (税別)
(税込価格: 691円)
この商品は軽減税率の対象です。
状態:
数量:

サンタンデール県で環境などに配慮した栽培生産を続ける
秀逸な生産者『エルローブレ』
試験栽培から本ロットにたどり着いた唯一の品種『ウンパラ』
エチオピア原産の単一品種の香味を是非。

シティローストですが申し分ないコクと甘さ。
ミルクチョコレートやキャラメルといった感触と明るい印象を持ち合わせた滑らかで綺麗な味わい。
華やかな香水にも近いフローラルさ、アプリコットやカシス、オレンジの果実感がスパイスの印象と
折り重なり複雑な香味を出しています。
中米や東アフリカのコーヒーにも近い印象を受ける唯一無二の味わいをどうぞー!!


 

<生産者情報>
農園名:エル・ローブレ農園 Hacienda El Roble
農園主:オズワルド・アセベド
所在:サンタンデル県ロス・サントス近郊メサ・デ・ロス・サントス
標高:1,650m
品種:ウンパラ
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト
面積:320ha中300haが生産エリア
※試験栽培用として Cenicafe から16年前にエル・ローブレに提供されたエチオピア原産の複数種子の1つ。当初 rasemosa と紹介され試験栽培を開始したが、生育状況を確認しにきた Cenicafe 研究者が、これはrasemosaではなく、別品種と同定。到着時の種子番号61からHR61で管理してきた(HR=Hacienda El Roble の略)。その後、種子の履歴を確認していたが、結局詳細は不明でエチオピアからやってきた種子であることまでしか判明しなかった。最終的に独自に”ウンパラ”という名をつけ現在に至る。
ウンパラは”神々が集まる場所”の意。


 

環境特性:
昼夜の寒暖差が大きく、昼間は30度前後、夜間は10度以下となる。
エル・ローブレ農園のあるメサ・デ・ロス・サントス地区は台地状に切り立った標高1650m前後の場所にあるが、南部の標高400m程度の峡谷から温かい風が吹き上げられ、朝方は濃い霧が発生する。
昼ごろからはBucaramangaから冷風が吹き、17時頃までに気温を急激に下げていく。
この寒暖差のおかげでチェリーは濃い甘みをもつ事ができるとのこと。

灌漑:
コロンビア平均降雨量が1,800mm/年であるのに対して、この農園では950mm/年程度しかなく、水量の確保が至上命題となっている。
対策として灌漑設備(Drip System)を導入中。
現在は300Ha中132Haでを稼動させ、このエリアでの収穫・品質状況を確認している。
この設備の稼動により開花時期をコントロールし、現在5%程度のミタカクロップを50%程度まで
高めたい考えであったが、天候不順により実現できていない(天候不順にもかかわらずある程度の生産量を確保できていると言えるかもしれない)。
現在カバーされていない残りの地域に関してはホースで水をまいており、灌漑設備が効果的である場合は更にエリアを拡大していく予定であったが、効果を得られたとは言い難い為実施していない。
また、敷地内には貯水池が4つある。

 

*豆のままの状態でお買い上げのお客様は密閉容器に移して常温で1ヶ月以内に
 冷凍庫に入れた状態で2ヶ月以内に使い切るのが目安です。
 粉にした状態でお買い上げのお客様は密閉容器に写して必ず冷凍庫で保存し
 1ヶ月以内に使い切るのが目安です。

 

コロンビア サンタンデール 『エル・ローブレ農園』ウンパラ種 シティロースト 100g

販売価格: 640円 (税別)
(税込価格: 691円)
この商品は軽減税率の対象です。
状態:
数量: